給与・経費の事情・申告内容もまるわかり!保険外交員というお仕事

Pickup contents
個人事業主となる場合
保険外交員は個人事業主扱いになることが多い
コミッション率
保険外交員の給与に関わってくるコミッション率について
経費の処理と所得控除
合理的な領収書の保管方法と所得控除について
保険募集人
保険外交員の資格について紹介

保険外交員の収入の種類と確定申告の方法



会社との雇用契約により、固定給だけの収入であれば、所属の会社で年末調整をしてもらえば税額が確定しますが、会社との契約が委任契約などで、給料の支給が「報酬」にあたる場合は「事業所得」となり、確定申告が必要になります。

ご自分の収入が給与所得なのか事業所得なのかは、支給の実態によって決まるので、事前に会社に問い合わせて確認しておきましょう。
■参考サイト:外交員報酬と所得税

確定申告とは税金に関する申告の手続きをいい、自己申告によって税金の額が決定します。所得税の場合は1月1日〜12月31日までの1年間に得た所得を、年明けの2月16日〜3月15日までに税務署に申告するシステムになっています。
出典:http://agency-star.com

事業収入から差し引くことのできる経費

一年間稼いだ収入から必要経費を差し引いたものが所得となります。所得は課税計算の元となる金額ですので、経費にできる分はしっかり申告しましょう。確定申告において、必要経費として差し引くことができるのは事業収入からです。給与所得は扱いが異なるため、経費として申告することは出来ません。

通信費、接待費などの必要経費は、基本的に領収書が必要です。しかし、領収書がなくても必要な費用であれば経費になります。交通費など領収書が出ない経費については、出金伝票を作成して対応します。
■参考サイト:領収書のない経費の処理方法 〜出金伝票の作り方〜

交通費がかかった場合はスケジュール帖などにメモしておき、定期的に伝票を作成するようにしましょう。また領収書を紛失してしまった場合なども、この出金伝票を作成すれば問題ありません。

保険外交員の面倒な確定申告対策には

やよいのオンラインサービスが簡単無料で便利。
オンラインなら法改正の際にもすぐに更新対応してくれるから、会計ソフトの用に買い替えやグレードアップなどの手間もなくとても便利です。
しかも無料で使えるというから嬉しい限り。デザインもユーザーに優しくシンプルなツールです。
10万円以上の購入も減価償却や年数を自然に誘導してくれて、メニューの指示に従ってクリックしていくだけで記帳ができちゃう優れ物です。
申告で困っている方は一度試してみる事をお勧めします。

人気の記事

Copyright 2017 給与・経費の事情・申告内容もまるわかり!保険外交員というお仕事 All Rights Reserved.