給与・経費の事情・申告内容もまるわかり!保険外交員というお仕事

Pickup contents
個人事業主となる場合
保険外交員は個人事業主扱いになることが多い
コミッション率
保険外交員の給与に関わってくるコミッション率について
経費の処理と所得控除
合理的な領収書の保管方法と所得控除について
保険募集人
保険外交員の資格について紹介

確定申告できる経費と家内労働者等の必要経費の特例



確定申告で経費となる支出の例

個人事業主に該当する保険外交員の場合、交通費や接待費などの経費は自腹になります。営業方法によって異なりますが、実際の所得は、おおよそ収入の60〜80%くらいと言われています。では、どんなものが経費となるのでしょうか。確定申告時に事業所得の収入から差し引くことができる経費には、次のようなものが挙げられます。
■参考サイト:個人事業主が迷う「これって経費?」覚えてお得なQ&A20選!

・事務用品代
・接待交際費
・交通費
・駐車場代
・ガソリン代
・携帯電話などの通信費
・切手などの郵便料金
・インターネット使用料 など
出典:http://bizmakoto.jp

会社からパソコンの貸与がある場合、リース料が必要であったり、お客様へ持参する設計書作成などにも経費が掛かります。もし、営業で車を使用する場合は自動車も自前になります。このように見ていくと、非常に厳しい世界ではありますが、収入に応じた経費が必要という考え方もできます。

家内労働者等の必要経費の特例

事業所得の収入から、必要経費として65万円控除できる制度です。
家内労働者等の事業所得や雑所得の収入のうち、最大65万円までを必要経費として控除できる特例のこと。実際の必要経費の金額が65万円に満たない場合でも、概算経費として65万円まで計上することが認められる。
出典:http://m-words.jp
個人事業主である保険外交員の場合、ここで言う家内労働者等に該当するため、この特例を受けることができます。ただし、同時に給与所得もある場合は下記に注意して下さい。
(1) 給与の収入金額が65万円以上あるときは、この特例は受けられません。
(2) 給与の収入金額が65万円未満のときは、65万円からその給与の収入金額を差し引いた残額と、事業所得や雑所得の実際にかかった経費とを比べて高い方がその事業所得や雑所得の必要経費になります。
出典:https://www.nta.go.jp/taxanswer

保険外交員の面倒な確定申告対策には

やよいのオンラインサービスが簡単無料で便利。
オンラインなら法改正の際にもすぐに更新対応してくれるから、会計ソフトの用に買い替えやグレードアップなどの手間もなくとても便利です。
しかも無料で使えるというから嬉しい限り。デザインもユーザーに優しくシンプルなツールです。
10万円以上の購入も減価償却や年数を自然に誘導してくれて、メニューの指示に従ってクリックしていくだけで記帳ができちゃう優れ物です。
申告で困っている方は一度試してみる事をお勧めします。

人気の記事

Copyright 2017 給与・経費の事情・申告内容もまるわかり!保険外交員というお仕事 All Rights Reserved.