給与・経費の事情・申告内容もまるわかり!保険外交員というお仕事

Pickup contents
個人事業主となる場合
保険外交員は個人事業主扱いになることが多い
コミッション率
保険外交員の給与に関わってくるコミッション率について
経費の処理と所得控除
合理的な領収書の保管方法と所得控除について
保険募集人
保険外交員の資格について紹介

保険外交員として働くために必要な資格について




生命保険の外交員になるためには、生命保険募集人の資格を取る必要があります。この資格を取得するためには、まず生命保険の基礎知識を修得することを目的とした「一般課程試験」を受けなければなりません。

一般課程試験に合格すれば生命保険募集人として仕事を始められますが、次のステップして、専門知識・周辺知識を修得し、顧客ニーズへの基本的対応力を高めることを目的とした「専門課程」があります。この専門課程試験合格者には『ライフ・コンサルタント』の称号が与えられます。(ライフ・コンサルタントは略称LCとされています。)

次に専門課程試験で習得した知識をベースに応用力・実践力を養成し、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な全般的知識を修得することを目的とした「応用過程」があります。この応用過程試験に合格すると『シニア・ライフ・コンサルタント』の称号が与えられます。(シニア・ライフ・コントルタントは略称SLCとされています。)

次なる段階は応用課程試験の合格者を対象に、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な生命保険他、関連知識をより専門的なレベルで修得することを目的とした「生命保険大学課程」です。

この生命保険募集人資格「生命保険大学課程試験(全6科目)」に合格者し、一定の条件を満たす人には『トータル・ライフ・コンサルタント〔生命保険協会認定FP〕の称号が与えられます。(トータル・ライフ・コンサルタントは略称TLCとされています。)

このトータル・ライフ・コンサルタントは生命保険業界の最高の資格です。保険業界だけでなく、他の金融商品、不動産、損害保険などの知識も身につけないと合格することができません。

保険外交員の面倒な確定申告対策には

やよいのオンラインサービスが簡単無料で便利。
オンラインなら法改正の際にもすぐに更新対応してくれるから、会計ソフトの用に買い替えやグレードアップなどの手間もなくとても便利です。
しかも無料で使えるというから嬉しい限り。デザインもユーザーに優しくシンプルなツールです。
10万円以上の購入も減価償却や年数を自然に誘導してくれて、メニューの指示に従ってクリックしていくだけで記帳ができちゃう優れ物です。
申告で困っている方は一度試してみる事をお勧めします。

人気の記事

Copyright 2017 給与・経費の事情・申告内容もまるわかり!保険外交員というお仕事 All Rights Reserved.